札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

任意売却のメリットとデメリット


手続のメリット


1.手続きまでの時間が短く、売却価格が高い

競売手続きで売却するより手続きに要する時間が短く、売却価格が高くなることがあるため、債権者側にもメリットがあり、協力も得やすい。

2.相手との交渉が可能

交渉が可能なので、引越し日など細かい相談が可能な場合がある。

3.破産手続きへのスピードが早い

競売手続きより早く売却ができるので、破産手続きに早く入れる 。

手続のデメリット


1.期限が設定されている

競売の取下げが任意にできる「買受申出人決定日」までに話がまとまらなければならない。(実際には、それまでに登記等の手続きを行うことになる)

2.利害関係人の意見がまとまらなくてはならない

交渉によるため、債権者・その他所有者・利害関係人・買主全員の意見がまとまることが必要である。