札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

任意売却とは


一般的に、住宅等を購入するために金融機関等でローンを組むと、それに関係する不動産に抵当権等の担保権の設定を行います。
そして、事情により住宅ローンの返済が困難になったときには、金融機関はその担保権にもとづいて不動産を競売にかけ、その売却代金で貸したお金の回収を行います。

しかしながら、実際には競売の手続きは、売却されるまでに時間がかかり、その売却価格も市場価格を下回る場合がでてきます。
そこで、第三者が買主を確保し、金融機関等と債務者との間に入って交渉を行い、競売手続きとは別に売却手続きをすすめていくことがあります
これを任意売却といいます。 

各当事者の話がまとまれば、競売手続きは取り下げられ、普通の売買手続きとあまり変わらない流れで完了します。
交渉に当たる第三者は不動産会社が多く、それも任意売却を専門に扱っているところが多く見られます。

任意売却をお考えでしたら一度ご相談してみてください。
お待ちしております。