札幌で債務整理、過払い金のご相談なら司法書士法人第一事務所へ

特定調停との違い


特定調停は平成12年2月から施行された新しい債務整理の方法です。
“支払不能にまで至っていないが、このままだと行き詰まる可能性が高い”といった状況を救うために、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続です。

特定調停は、簡易裁判所にその解決のために間に入ってもらうものの、調停の期日にはご自身で裁判所へ出頭し、一社一社と交渉の機会を持つ必要があるのに対し、過払い金返還請求や任意整理を司法書士に依頼してしまえば、あなたは何もする必要がありません